歌詞 SISTER luz

作詞
奏音69
作曲
奏音69
清純で誠実で口虚(うそ)まみれのディナーのあとは 猫を被って爪隠して 秘蜜(ひみつ)を探る まだ貴女がアタシのこと 信じてると言うのなら 白露(しろ)い首筋を黒豹(ひょう)の爪痕で 傷つけてもいいの? まるで魅惑と愛憎の舞踏会(ジルバ) でもリズムは揃わない 信じきれないままキミの胸に抱かれ躍動(おど)る 午前0時に溶解(とけ)たドレスを ジらして剥がしたら 求愛(もとめ)てるのはキミがまだ隠している本心(ハート) アマく淫乱(みだら)なHoney Trap 誰も彼もズルくて黒い裏があるのに 白いスカート隙だらけで貴女は咲(わら)う まだ貴女がアタシのものにならないと言うのなら いっそ壊したい そんな激情で 近付いてもいいの? まるで慈愛と純情の聖女(シスター) もう神さえ笑うほど 裏切られてもまだキミは指を絡め舞輪(まわ)る 捕虜(とりこ)にするつもりが どうやら檻の中で飼われてる この爪は猫なんかじゃあないの 忍ばせてる切札(カード) どんな姿に変身(かわ)れても 心はヒトりきり あの頃はやりの女の返事(こたえ)を 追いかけてもいいの? まるで魅惑と愛憎の舞踏会(ジルバ) でもリズムは揃わない 信じきれないままキミの胸に抱かれ躍動(おど)る 棄てたはずの希望に刺されて 醜く散る役目なら 美しいまま終幕(おわ)らせて アタシのこの本心(ハート) 決して明かせぬ切札(カード) アマく淫乱(みだら)なHoney Trap
SISTER の人気パート
歌ってみた 弾いてみた