歌詞 アルミナ ナイトメア

作詞
咲人
作曲
咲人
流れる時間の中 瞬く 刹那的 煌めきを この世の記憶に刻むため 歩き続けるBeli ever 誰にも見れないユメを見て 要らないものは全て捨てた ゆずれない想い この胸に宿して まだ 現実と理想の狭間にいて 犠牲の枷に足をとられても 溢れる衝動押さえきれない 強く求める心があるから 「偽り」「恐れ」「虚飾」「憂い」 様々なネガティブに とらわれるほど 弱くはない 孤独も知らぬTrick ster 夜空を突き刺すビルの群れ 星など見えない宙見上げ 「迷いはないか」と自分に問いかける この街中 溢れるモノにまみれ うつつを抜かすようなことは無い 未来へと繋がる道の果てで この手に掴むものを見たいから 瞼を閉じ意識の海に浮かんで 思い描く理想を手にする そのときを 限りある「生」をこの世に受け 枯れゆくだけは愚かに等しい 他の誰もが持ち得ないもの 「自分自身」という名の結晶へ キレイゴトを突き通すこと いつか真実へ変わる 頑に信じ続けたい It's just my faith. The abso lute truth. 刹那的 煌めきを この世の記憶に刻むため 歩き続けるBelie ver
アルミナ の人気パート
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る