歌詞 永遠と一瞬 レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
レミオロメン
履き古したスニーカーの踵を踏んでジャンプする 遠くまで飛ぶイメージのまま 白線さえも越えてゆけ 永遠の彼方からこぼれ落ちて流れ星にしがみついた 目を離した枕元にそんな夢を幾つ残した 希望の色は空色 見上げるけど飛べないまま 僕は僕だよと呟けば ありのままでいる事はこれほど難しい 下駄箱の中 埃のにおい くすむ思い出は灰色 描いた背中 鏡の姿 ちぐはぐ過ぎて笑えない 一瞬の隙間からはがれ落ちて 流れ星にすがりついた 目を覚ました枕元にそんな夢を幾つ残した 希望の色は空色 見上げるのさ飛べるまで 僕は僕だよと呟けば ありのままでいる事はこれほど容易い いつだって旅の途中 いつもより荷物は少なめ 手を離して 宇宙になって 闇の中羽ばたいてゆっくりと鳥になりたい 希望の色は空色 見上げるのさ飛べるまで
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る