歌詞 15の夜 尾崎 豊

作詞
尾崎 豊
作曲
尾崎 豊
落書きの教科書と外ばかり見てる俺 超高層ビルの上のそら 届かない夢を見てる やりばのない気持ちの扉破りたい 校舎の裏 煙草をふかして見つかれば逃げ場もない しゃがんでかたまり背を向けながら 心のひとつも解りあえない大人達をにらむ そして仲間達は今夜家出の計画をたてる とにかくもう学校や家には帰りたくない 自分の存在が何なのかさえ解らず震えている 15の夜 盗んだバイクで走り出す行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 誰にも縛られたくないと逃げ込んだこの夜に 自由になれた気がした15の夜 冷たい風 冷えた躰 人恋しくて 夢見てるあの娘の家の横をサヨナラつぶやき走り抜ける 闇の中 ぽつんと光る自動販売機 100円玉で買えるぬくもり熱い缶コーヒー握りしめ 恋の結末も解らないけど あの娘と俺は将来さえ ずっと夢に見てる 大人達は心を捨てろ捨てろと言うが俺はいやなのさ 退屈な授業が俺達の全てだというならば なんてちっぽけでなんて意味のない なんて無力な 15の夜 盗んだバイクで走り出す行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 覚えたての煙草をふかし星空を見つめながら 自由を求め続けた15の夜 盗んだバイクで走り出す行き先も解らぬまま 暗い夜の帳りの中へ 誰にも縛られたくないと逃げ込んだこの夜に 自由になれた気がした15の夜
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る