歌詞 泡沫 己龍

作詞
一色日和&遠海准司
作曲
酒井参輝
慾を覘くは無垢なる虚 妖し影ろふ白絹の袖 月影の煩悩に成り合わぬ華々は開き 絡み合ふは胡蝶の舞 刹那の海に遊び 戯れの冥闇は重なりて此処まで御出で 乱れひらひら 下弦の月 夭夭と揺れる 常若 舐れば花弁綻び 極楽浄土へ誘う宴 常宵 開けば浮き立つ鬼灯 艶めく化粧 悦楽の笑み 丑三つ時から始まる恋は雷魚の舞にて狂い出す 潮の香りだと心得違えば魔性の最中 宝と蛾眉の誘惑に浮かれ老婆の謀に堕ちて 浮世離れした愉悦快楽は夢うつつの狭間 籬の果ては死穢の朝露 泡沫の夢は万華鏡 惑いの蒼は青き追憶 竜胆の唄が滔々と 嗚呼… 邂逅 其れは誘い理想卿 数多の月日も 無の 如く 儚く散り果てる 体躯 蝕みて精神の交錯は 因果応報 夢幻と戯れる 理性の無い 無性の靄 魔性の愛 泡となり 願えど潰えて 限り無し 命、散り逝く其の日まで 籬の果ては死穢の朝露 泡沫の夢は万華鏡 惑いの蒼は青き追憶 竜胆の唄が滔々と 愛しき花よ もう秋霞 夢… 現… ただ鱗々と…
歌ってみた 弾いてみた