歌詞 サヨナラバス ゆず

作詞
北川悠仁
作曲
北川悠仁
予定時刻は6時 あとわずかで僕らは別々の道 君は僕の少し後ろ 涙ぐんで下を向き歩く やるせない想いだけで 石コロ蹴飛ばしてみても いつからなんだろう 互いに素直になれぬまま 大切に想うほど 大事な事が言えなくなって サヨナラバスはもうすぐ君を迎えに来て 僕の知る事の出来ない明日へ 君を連れ去って行く サヨナラバスよどうか来ないでくれないか やっぱり君が好きなんだ 今ならまだ間に合う ほんの少しの言葉もでないまま バスに乗り込んで行く 後ろ姿をそっと見つめてた お釣りを待ってる君の 振り向いた最後の笑顔 どうしてなんだろう 気付くのが遅すぎて 楽しかった時間だけ 想い出の中映し出される サヨナラバスは君を乗せて静かに走り出す 手を振る君が少しずつ遠くへ行ってしまう 立ちつくす街並み一人ぼっちには慣れてるのに どうして泪が止まらないんだろう… サヨナラ サヨナラ また笑って話せるその日まで 僕は僕らしくいるから
歌ってみた 弾いてみた