歌詞 嵐の中で咲く華 吉岡亜衣加

作詞
森由里子
作曲
小野貴光
夜の嵐が唸りをあげながら 今宵 薄紅(うすくれない)の花びらたちを散らしてゆく あゝ 思わず両手 掲げて 受け止めてゐた 天に向かひて 光を乞ふみたいに さう貴方といふ さう希望だけは 散らせはしなひと あゝ 信じて信じて信じて生きる どんなにどんなにどんなに昏(くら)き 向かひ風に煽られても抗ひて 嵐の 中で咲く桜よ 燃え立つ熱き命 闇を照らし今をひたぶるに強く生きる華よ 嵐の中を往く貴方は 私のたったひとつの光る志 此の身が果ててもついてゆく 風の彼方 眼の前の道 もしも閉ざされたら きっと 扉壊して 貴方は前に進むでせう あゝ 引き留められぬ 貴方の生き様なら 貴方の誠 私の誠にして さう明日といふ さう寄す処(よすが)だけを 求め続けたひ あゝ 何度も何度も何度も倒れ どんなにどんなにどんなに傷を 負ふとしても生きて欲しい 必ずや 荒野の 中に咲く桜よ 繚乱 止め処もなく 己(おの)が使命抱きてひとすじに命懸ける人よ 焔(ほむら)の中を往(ゆ)く 貴方は私のたったひとり の 愛しき魂 絆は斬れない誰にも どんな時も やがて生まれる曙光(あけぼの) 涙は置き去りに歩いて往かう 此処でこんなに 愛せる人に 出逢へた喜びが 強く私を変へたから 嵐の中で咲く桜よ 燃え立つ熱き命 闇を照らし今をひたぶるに強く生きる華よ 荒野の中に咲く桜よ 繚乱 止め処もなく 己(おの)が使命抱きてひとすじに命懸ける人よ 焔(ほむら)の中を往(ゆ)く 貴方は私のたったひとりの愛しき魂 絆は斬れない誰にも時を越へて
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る