歌詞 お世話になったあの人へ 小林 旭

作詞
中山大三郎
作曲
城賀イサム
夜のお店につとめたころに 私 あの人知りました さそい上手で おはなし上手 やがて悲しいさよなら上手 しあわせでした 思い出できました お世話になったあの人へ そしてお店をまかされたころ 一緒にすごした人でした きっといつかは世に出る人と つくしつくして ささげた月日 しあわせでした 女の夢でした お世話になったあの人へ 夜のお店に灯りをつけりゃ なぜか心が痛みます 私みたいな女のために 出世おくれちゃいないでしょうね しあわせでした いのちの恋でした お世話になったあの人へ
歌ってみた 弾いてみた