歌詞 お前しかいねぇ 遊turing RED RICE(from湘南 遊助

作詞
遊助,REDRICE
作曲
Kobasolo,遊助,REDRICE
毛糸がほどけかけたマフラー 「初めてもらったプレゼントだから」って 何年も何年も大事に使ってるよな 今年の冬は流行りのブランドもの あげたくて見てたショーウインドウ (でも)お前は「このままがいいの」と笑う そんな何気ない一言で またひとつ好きになった いろんな奇跡が重なり くれた出会い つなげてく永遠に 舞い上がれ雪 どこまでも限りなく 真っ白な世界で 包みこんでくれ 愛してる 叫んだ空に光る愛 真冬の I Love You 俺にはお前しかいねぇ 二人で行ったスノボ旅行 温泉があるとこがリクエスト 自信満々俺滑り出すと 珍しくすげぇされたリスペクト ゲレンデに向かう長い急な坂道を はしゃぐお前見て登ってると 山頂まで行ける気がしたよ 振り返れば足跡が 寄り添い一歩ずつ現在まで来た 踏み出すこの未来へ 助け合い歩んでゆく 誓いのメッセージ 舞い上がれ雪 どこまでも限りなく 真っ白な世界で 包みこんでくれ 愛してる叫んだ空に光る愛 真冬の I Love You 俺にはお前しかいねぇ 喜怒哀楽いろんな事も 詰め込み織りなすラブストーリー あのマフラーの様な温もり きっと愛は いろんな景色を より鮮やかに彩り 寄り添い登ってく未来 ただ ただいつの日か 俺が先に星になる日が来たら 泣いてくれ でも忘れないでくれ お前の幸せが俺の幸せなんだ かけがえのないお前のそばで笑い 時に喧嘩して泣いて降り積もってく想い出 愛してる たとえ何があろうとも 一生かけて守るぜ 俺には 俺には 俺には お前しかいねぇ
遊助
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る