歌詞 しんきろう 熊木杏里

作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
夢は遠すぎて語れないまま 足の先で止まった波のように ここで息をするここで手をのばす だれのせいでもないと言いきかせた それでも迷いは消えないしんきろう 水しぶきにもとまどった 水平線から船が戻ってくる 小さな幸せにいそいでいる 人が暮らすには夕日は長すぎて よけいなことまでさみしくなる 海を広げて船はまた出てゆく 帰らぬ人たちを見送って 今日を閉じて明日を開く ただそれだけに風が乗る どこにゆくのかと尋ねた人は 電灯をつらつらと家路をゆく どこで暮らそうと どこで果てようと
熊木杏里
歌ってみた 弾いてみた