幸福論

椎名林檎

作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎
本当のしあわせを探したときに 愛し愛されたいと考えるようになりました。 そして、あたしは君の強さも 隠しがちな弱さも汲んで、 時の流れと空の色に 何も望みはしない様に 素顔で泣いて笑う君にエナジィを燃やすだけなのです。 本当のしあわせは目に映らずに 案外傍(そば)にあって気付かずにいたのですが…。 かじかむ指の求めるものが見慣れたその手だったと知って、 あたしは君のメロディーや その 哲学や言葉、全てを 守る為なら少し位する苦労もいとわないのです。 時の流れと空の色に 何も望みはしない様に 素顔で泣いて笑う君のそのままを愛している故に あたしは君のメロディーやその 哲学や言葉、全てを守り通します。 君が其処(そこ)に生きているという真実だけで 幸福なのです。
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る