歌詞 あなたに逢いたい 熊木杏里

作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
白いビルの影 黒いサングラス あなたを彩るモノグラム 私を囲んで離れてゆかない とぎれた雲に雨の気配 季節をいくつ集めたら あの頃に戻れるのかしら 街のあちこちでうずくまってる二人の思い出 春を遅らせて 夏を切り抜いて 秋を手のひらに差しのべて 冬をかくまって また春を遅らせて あなたに あなたに逢いたい 濡れたショウウィンドウ映る傘の色 私はどこにも映らない あなたがいつも待っていてくれた 部屋の匂いも露に消えた 時計がせかす明日の扉 重なりゆく月日の鍵 街は帰りゆく人々をただ見てるだけ 春を染めかえて 夏に焼きつけて 秋の夜にただよわせて 冬は抱き合って また春が来るころは ちがう私になりたい もっと抱きよせて 声を止めないで 息を胸で感じさせて 指折り泣いてあなたの腕の中で 眠る私に戻りたい あなたに あなたに逢いたい
あなたに逢いたい の人気パート
歌ってみた 弾いてみた