歌詞 恋一夜 工藤静香

作詞
松井五郎
作曲
後藤次利
濡れた髪をはじめて見せた夜 心が泣いた 抱かれていながらさみしくて かさねてゆく唇でさえたぶん 答えだせない 熱くなる肌を信じるのに 瞳を閉じて願いが かなえられたと感じたその瞬間に…… まだ深い愛がかならずある わからない わからない どうなるのか きりがないきりがないふるえる胸 あなたの腕に狂いながらこわれてしまいたくなる どこまで好きになればいいの涙に終わりはないのなぜ 爪のさきがシャツの背中墜ちて めまいの嵐 譫言みたいにあなたを呼ぶ 求めあうままつかんで 確かめあったぬくもりそのさきに…… 燃えつきる愛がかならずある 苦しくて 苦しくて かすれる声 せつなくてせつなくて消えない夜 ふたりであたえあえる夢を嘘になんかしたくない どこまで強くなればいいの痛みをふりきれるまで わからない わからない どうなるのか きりがないきりがないふるえる胸 あなたの腕に狂いながらこわれてしまいたくなる どこまで好きになればいいの涙に終わりはないのなぜ
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る