歌詞 始発列車 ゆず

作詞
岩沢厚治
作曲
岩沢厚治
二人で始発列車を待っていた明け方の歩道橋の上 流れ出した町をもうすぐ終わる夜を 君とこうして一緒に見ていた あの時大人になる事が少し怖いと言った君は 僕の前で大人ぶって笑って見せてくれた 季節の変わり目はいつも決まって君の事を思い出す 気がつくと発車のベルが僕を焦(あせ)らせて 扉の向こう 君の思い出にさよなら あれからまた少しだけ時間だけが僕の前通り過ぎてゆく 言えなかった言葉 急に胸を締めつける 今さらどうにもならないのに 強く握り返した君の手はあの時何を言ってたの? 僕の手の中に残ってるのは痛すぎるぬくもりだけ こんな事また思い出すなんておかしな話だけど 今夜で最後にしようと誓った夜もあったのに なんだろう?頭の中が君でいっぱいになるんだよ 動き出した人の群れ 駅前の交差点の中 忘れかけてた君の思い出にさよなら
歌ってみた 弾いてみた