歌詞 season

作詞
youth case
作曲
youth case
踏み出す夢の音を僕らは感じている 頬なでる風に光 見つけた様な気がして 咲いた名もない花を君に届けよう 消えることない想いと 遠く離ればなれでも 心ひとつ つながってる ひらひらと花が舞う頃 旅立ちを決めた思いは 今 誰のためでもなくて 思い出を抱きしめながら 僕たちは歩いてゆくよ 今 瞳の奥に輝く夢は いつでも いつまでも あの頃 憧れてた未来を歩き出した 分からなかったこと少し分かり始めた気がする 巡る季節の中で変わりゆく僕の 変わることない思いを 涙零れそうなとき 君のことを想い出す 春色の風薫る頃 澄み渡るこの空の様に もう迷いは何もなくて 何度でも咲き誇る様に はじまりを描いてゆくよ 今 ありふれた日がかけがえのない喜びに満ちてる ひらひらと花が舞う頃 旅立ちを決めた思いは 今 誰のためでもなくて 思い出を抱きしめながら 僕たちは歩いてゆくよ 今 瞳の奥に輝く夢は いつでも いつまでも いつでも いつまでも…
歌ってみた 弾いてみた