歌詞 1992_4##111

作詞
二宮和也
作曲
二宮和也
恥ずかしいから、 君には暗号で送る事に決めたんだ。そうしよう。 ヒントはそうだな。 “好きだよ”とかそんなかっこいい言葉じゃない。 でも不思議だな…。 好きな人にも、嫌いな人にも同じだけ伝わる この言葉はそう、今なお残る 唯一の魔法かもしれない…。 多分そうなんだ。きっとそうなんだ。 当たり前に存在するものなんだ。 だから僕はそれを“暗号(とくべつ)”にしたんだ。 こっそり誰にもバレないように…。 そしたら自分だけの意味を考え出すだろうな。 見つからなくて、 必死になって探す君はあまりにも可愛くて。 ヒントはそうだな。 “ごめんね”とかとよく一緒にいるかもね。 ちっちゃい子だって、その親だって、 誰もが使っている魔法なんだから。 もしも僕にも子供が出来たら。 迷わず最初にこれを教えよう…。 多分そうなんだ。きっとそうなんだ。 永遠なんて 存在しないものだから。 今を全力で愛せるんだ。 だから明日の、明後日の、その先には… 言える気がするんだ。恥ずかしがらず、素直に…。 もし…例えばの話。 そんなガラじゃないけど、 僕の人生最後の言葉は 笑って言う、“1992*4##111(コレ)”なんだ。 多分じゃなくて。絶対そうなんだ。 ひとりでここまでやってきた訳じゃないから。 今を思うんだ。色んな人達の 顔が、笑顔に、変わる時には。 その隣りで先に、わかった君がいたんだ…。 これから、どうなっていくんだ?? そんなのわかんないけど、 全然不安じゃないんだよ。 君の笑顔が何よりの答えだから。 解読出来たんだ。だったならば、 最後にもう一つ伝えたい事、それは…
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る