歌詞 抱きしめたい はっぴいえんど

作詞
松本 隆
作曲
大瀧詠一
淡い光が吹きこむ窓 遠い田舎が飛んでゆきます ぼくは烟草をくわえ 一服すると きみのことを考えるんです 黝い煙を吐き出しながら 白い曠地を切り裂いて 冬の機関車は 走ります きみの街はもうすぐなんです ゴオ ゴオ ゴオと 雪の銀河をぼくはまっしぐらなんです 飴いろの雲に着いたら 浮かぶ驛の沈むホームに とても素速く 飛び降りるので きみを燃やしてしまうかもしれません
歌ってみた 弾いてみた