歌詞 愛のうた 六道寺恵梨

作詞
六道寺恵梨、栗原将輝
作曲
栗原将輝、六道寺恵梨
誰も見てないときも その場所 一人頑張っていた 感じとるように伝わってくるんだ 涙なんて見せないで いつも弱音だって吐かないで 抱えて走りだす君は眩しかった 君だけにしかわからない 苦しみだってあったよね いくつもの山を越えてきた、大丈夫 どこまでも行けると信じ 怖がらず進んでいこう 君のその笑顔ずっと見守ってるから 躓きもし諦めていたのなら今はここにいないん だ あの時 負けないで戦ったから そっと目を閉じたら煌く小さな光が 大きくなってきては 次々と広がって 見えてきたのは描く世界 掴んだ今の場所も愛に染め もっと愛を大きく育てていこう 君だけの使命をずっと駆け抜けて これからも・・・ 新しい華を見つけて咲かせて広げる 希望に溢れた道のり 広い大地に続いていく いくつもの山を越えてきた、大丈夫 どこまでも行けると信じ怖がらず進んでいこう 君のその笑顔ずっと見守ってるから 躓きもし挫けてたら 今はここにいないんだ あの時負けないで頑張ったから今がある どこまで行けるかが楽しみな未来 輝き放つ 君にずっ と いつまでも愛を贈るから