歌詞 地球-まる- 坂口有望

作詞
坂口有望
作曲
坂口有望
誰かがそばにいてくれてたときは 星が輝いてた いつの日か大人になったら そのときは誰がそばにいるんだろな 明日が怖くて泣いていたら いつの間にか今日になってた 地球がくるくる回って そしたらみんな目が回って 大切なものに気づかないんでしょ? きっと それは 目に見えない大切なものを 見つけ出すためだから 誰かがそらにいてくれてたときは 星が瞬いてた いつの日か大人になったら そのときは誰のそばにいるんだろな 明日は来るって言い聞かせたら いつの間にか今日になってた 地球がくるくる回って そしたらみんな目が回って 大切な人とぶつかってしまう きっと それは ぶつかったその先の答えを 見つけ出すためだから 僕らは言った あした地球は終わってしまって… いや終わるわけがないでしょって 今日もまた夜が来る 暗い夜 きっと 今も 眠れないこんな夜も どこかで日はのぼってるから 君が地球のカタチはまるって バツじゃなくてマルでしょって そうやって 優しくそっと笑うから こんな僕も 笑顔が苦手な僕も はじめて笑えたから
地球-まる- の人気パート
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る