歌詞 こと 熊木杏里

作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
大丈夫と君は言うけど 心は今どこを見てるの? 想いだけがひとりごとみたいに 途絶えた会話をつなぐ 打ち明けてくれた話にぼくは どれだけ君を見つけられたんだろう? 過去が心に居すわりながら どれだけ君をひとりにしたかな またひとりごと 君がいること 急がないこと 今 生きてること たとえようないこと 君がいるから どんなこともぼくには今しかないこと いつもそばにいるということが ふたりのためになるのかな また言葉をひとつ終わらせた 君の顔が浮かぶ ここにいることを教えてくれる 光と影が今 ぼくを包む 君がぼくには必要だって どうしてこんな気持ちがあるんだろう ただひとりごと 繰りかえしてる 息をするたび気が付いてくこと 泣きたいときには ぼくがいるから 君であること以外ぼくができること たとえ武器が誰かの手に渡り 胸がふいに傷ついたとしても 人転ばす力はいらないと 君は足をあげる ぼくらしいことも君らしいことも 望めば叶えられるということ 今 ふたりごと 君といること 守りたいこと 共に生きること 強くあるなら弱くあること どんなこともふたりならゼロも1になる 今 ふたりごと 君といること 守りたいこと 共に生きること 強くあるなら弱くあること どんなことも君となら生きてゆけること
こと の人気パート
歌ってみた 弾いてみた