歌詞 みなと スピッツ

作詞
草野正宗
作曲
草野正宗
船に乗るわけじゃなくだけど僕は港にいる 知らない人だらけの隙間で立ち止まる 遠くに旅立った君に届けたい 言葉集めて 縫い合わせてできた歌ひとつ携えて 汚れてる野良猫にもいつしか優しくなるユニバース 黄昏にあの日二人で眺めた謎の光 思い出す 君ともう一度会うために作った歌さ 今日も歌う 錆びた港で 勇気が出ない時もあり そして僕は港にいる 消えそうな綿雲の意味を考える 遠くに旅立った君の証拠も徐々にぼやけ始めて 目を閉じてゼロから百までやり直す すれ違う微笑たち己もああなれると信じてた 朝焼けがちゃちな二人を染めてた あくびして走り出す 君ともう一度会うための大事な歌さ 今日も歌う 一人港で 汚れてる野良猫にもいつしか優しくなるユニバース 黄昏にあの日二人で眺めた謎の光 思い出す 君ともう一度会うために作った歌さ 今日も歌う 錆びた港で 港で 港で
歌ってみた 弾いてみた