歌詞 真夜中は純潔 椎名林檎

作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎
洗い立ての黒い髪が馨って今にも飛んで行きそう カシス色に染まった爪 潤んだ二人の粘膜みたい 悪いけれど葡萄酒(ワイン)ならば自分の口唇 ダイレクトで グラスよりも其の御口に注いで戴きたいのだもの 「始めませふ安易な位置づけ 属隷の興行(ショウ)簡単な選択(セレクション) わたしは今夜 唯攻められたひ」 類稀に理由もなく平伏すだけの場合が有るの 近い様でも他人であるそれ以外何も無い寂しさ 「辱めて小粋な言葉で 匂はす首 強引な仕草で 捩ぢ伏せて増歪(ディストーション)懸けたら 揺蕩ふ布 簡単な選択(セレクション) わたしは只 現在(いま)あなたが依々」 蜷色に埋もれども雑じり気なき身 「辱めて小粋な言葉で 匂はす首 強引な仕草で 捩ぢ伏せて増歪(ディストーション)懸けたら 揺蕩ふ布 簡単な選択(セレクション) わたしは只 現在(いま)あなたが依々」
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る