歌詞 夜桜お七 坂本冬美

作詞
林あまり
作曲
三木たかし
赤い鼻緒がぷつりと切れた すげてくれる手 ありゃしない 置いてけ堀を けとばして 駆けだす 指に血がにじむ さくら さくら いつまで待っても来ぬひとと 死んだひととは おなじこと さくら さくら はな吹雪 燃えて燃やした 肌より白い花 浴びてわたしは 夜桜お七 さくら さくら 弥生の空に さくら さくら はな吹雪 口紅をつけて ティッシュを くわえたら 涙がぽろり もうひとつぽろり 熱い唇 おしあててきた あの日のあんた もういない たいした恋じゃなかったと すくめる 肩に風が吹く さくら さくら いつまで待っても 来ぬひとと 死んだひととは おなじこと さくら さくら はな吹雪 抱いて抱かれた 二十歳の夢のあと おぼろ月夜の夜桜お七 さくら さくら 見渡すかぎり さくら さくら はな吹雪 さくら さくら さよならあんた さくら さくら はな吹雪
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る