歌詞 MEMORIA 藍井エイル

作詞
Eir, Fumio Yasuda
作曲
Fumio Yasuda
静かに移りゆく遠い記憶の中 思い出に寄り添いながら 君を想えるなら いつも見慣れてる窓辺に映った 沈む君の横顔 涙声さえ冷たく飲み込んだ その瞳は明日を向いていた 逆らえぬ運命(さだめ)と知っても 怖くない 心から信じている 静かに移りゆく遠い記憶の中 君と過ごした証は確かにここにある 溢れ出す気持ちを教えてくれたから この世界がなくなっても 私はそこにいる 海に行きたいといつしか話した 君と二人で叶わぬ夢を見た 降りしきる雪の中さまよい 傷つく君はもう独りじゃない どんなに離れても忘れることはない 君が私に光を教えてくれたから 溢れ出す涙は君へのありがとう あの日交わした約束の空は色褪せない 静かに移りゆく遠い記憶の中 思い出に寄り添いながら君を想えるなら どんなに離れても忘れることはない 君と過ごした証は確かにここにある 溢れ出す気持ちを教えてくれたから この世界がなくなっても私はそこにいる あの日交わした約束の空は色褪せない
MEMORIA の人気パート
歌ってみた 弾いてみた