歌詞 私はピアノ 高田みづえ

作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐
人もうらやむよな仲が いつも自慢のふたりだった あなたとならどこまでも ゆけるつもりでいたのに 突然の嵐みたいに 音を立ててくずれてく 涙が出ないのはなぜ 教えて欲しいだけさ あなたから目が離せない ふたりして聞くわラリー・カールトン 日だまりの中で抱かれ いつしか時のつれづれに 思い出に酔うひまもなく 心から好きよと言えた あの頃がなつかしくて何もかも あなたがいなければ 一から十までひとり 言葉もないままに生きてる くりかえすのはただLonely play 思い切り感じたままに 見せるしぐさやさしくて 言葉じゃなくて態度で わかり合えてもいたのに 男の人なら誰でも 細い肩を抱けばわかる 夜が恐いよな女にゃ それでいいのよすべて つらいけど涙見せない 雨のふる夜にはビリー・ジョエル 情けない女になって しまいそな時にはサンバ ためいきが出ちゃうよな恋 静かに抱きすくめられて 焼けた素肌が今でもなつかしい ひとしきり泣いたら 馬鹿げたことネと思う ピアノに問いかけてみたけど ピアノに問いかけてみたけど くりかえすのはただLonely play Lonely play
私はピアノ の人気パート
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る