歌詞 雨の街路に夜光蟲 米津玄師

作詞
米津玄師
作曲
米津玄師
震えていたのは君の手か 僕の手の方か 街のライトが雨に照らされて 弾ける夜に 僕らはただ大人になりたくて 背伸びをして チグハグな言葉を交わしあって 笑いあったんだ 二人でだったら行けるよね 地球の隅っこへ 誰も知らない約束を 交わしあって 僕ら歩いて行くんだ 大げさなほどに 愛を歌うよ 悲しい歌を塗りつぶすように 曖昧な作りの間違い探しみたいだった 何が間違いで何が正しいかわからない 僕らはただ「これで正しいんだ」と強がったけど 本当はわかってたよ 道の先に何があるのか 何度だって誓い合って 今地球の隅っこへ 誰も知らない約束が 重なった手と手に握られた 馬鹿にされたって 愛を歌うよ 君とどこまでも 行けるように さめないでって きえないでって 馬鹿みたいに願っているんだ どこにだって行けるんだって ばればれの嘘をついていた 誰も知らない約束を 交わしあって 僕ら歩いて行くんだ 大げさなほどに 愛を歌うよ 悲しい歌を塗りつぶすように 消えたい時も気持ちいい時も いつだってそばにいられるように 誰も知らない約束が 強まる雨に流れないように 君とどこまでも行けるように
雨の街路に夜光蟲 の人気パート
歌ってみた 弾いてみた