歌詞 春雨 村下孝蔵

作詞
村下孝蔵
作曲
村下孝蔵
心を編んだセーター 渡す事もできず 一人部屋で解(ほど)く糸に想い出を辿りながら あの人が好きだった 悲しい恋の歌 いつも一人聞いた 古いレコードに傷をつけた くり返す声が 今も谺のように 心の中で廻り続ける 電話の度にサヨナラ言ったのに どうして最後は黙っていたの 悲しすぎるわ あの人を変えた都会(まち)すべて憎みたいわ 灯り消して壁にもたれ 木枯しは愛を枯らす せめてもう少しだけ知らずにいたかった 春の雨に頬を濡らし 涙を隠したいから 遠く離れた事がいけなかったの それとも夢が私を捨てたの もう誰も私 見ないでほしい 二度と会わないわ いつかこの街に帰って来ても 電話の度にサヨナラ言ったのに どうして最後は黙っていたの 悲しすぎるわ
春雨 の人気パート
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る