歌詞 常夜灯 中島みゆき

作詞
中島みゆき
作曲
中島みゆき
常夜灯が点いているからあたし泣かないわ 常夜灯が点いているからあたし泣かないわ もう二度とあの人が通って来ない曲がり角を ひとりきり帰るけど あの人が消し忘れて行った 常夜灯が 点いているからあたし泣かないわ 次の夜明けに帰って来るわきっとあの人は だからここで待っているのよあたし泣かないわ もしあたしが留守だったらその間かもしれなくて 大急ぎ戻るのよ 間に合うかしら息を切らして 常夜灯が点いているからあたし泣かないわ 月が何回丸くても月が何回壊れても 花が咲いても雪が積んでも 見てるのは あの曲がり角だけよ 夜の底で 眠り半ば目を開けてしまった 誰もいない 音もしない 風も動かない カーテンの隙間から細い光が伏せている それだけが添い寝なの あの人が消し忘れて行った 消し忘れて行った 常夜灯が点いているからあたし哀しいわ 常夜灯が点いているからあたし哀しいわ
常夜灯 の人気パート
歌ってみた 弾いてみた