歌詞 くちびるの魔法 熊木杏里

作詞
熊木杏里
作曲
熊木杏里
少しだけ私の方があなたを好き 瞬間はいつだって片想い 笑顔から聴こえてくるあなたの気持ち ゆっくりと境界線をなくしたい シーソー 小さく頷くように沈んで 先に昇る日射しとあなたが眩しい くちびるの魔法が夜を抱いて 涙が顔にくっつきそうな私逃がすよ ほどけなくなるまで今をさらって きっとラインは見えなくなるよ 数字じゃ出せないのが愛 本当はあなたに置いて行かれそうで 怖かった 距離は味方にならない カードを切るのは私からだと思った あの日触れた指先にあなたの約束 くちびるの魔法で声が止まって 向かい合わせの心臓だけがふたり動かす 戻れなくなるほど夢を見させて いつか形はいらなくなるよ 言葉じゃ作れないのが愛 くちびるの魔法が夜を抱いて 涙が顔にくっつきそうな私逃がすよ ほどけなくなるまで今をさらって もっとあなたを好きになっても 数字じゃ言えないのが愛 数字じゃ言えないのが愛
熊木杏里
歌ってみた 弾いてみた