歌詞 春夏秋冬 レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
レミオロメン
春は月に笑う様に 夏は花火に恋をする様に 秋は空を吸い込む様に 冬はどこまでも駆け抜ける様に 風に分け入ったいつもの月曜 朝焼けに染まる頃 胸が苦しくてさ それは夢の続き それとも始まり 一掴み ざらめ石 心に溶け出した いたずらに差す光が君の髪の上 滑り落ち 瞬きの間に世界の色を変えてしまった 春は花が咲き乱れて 夏は夕日が胸を焦がした 秋は枯葉に風が巻いて 冬は雪が街ごと 心を染めていった 奪っていった 虹に駆け寄った何気ない月曜 ちぎれそうな綿の雲 吹いても戻らない それは夢の最中 街灯は夜待ち 一光り 二番星 心に君がいる 大げさな格好で膨らみ続けるこの気持ち 瞬きの間に世界の引力を変えてしまった 春は月に笑う様に 夏は花火に恋をする様に 秋は空を吸い込む様に 冬はどこまでも駆け抜ける様に 僕は君に恋をした 僕は君に恋をしてしまった 日が昇って沈んでった 夜の向こうに明日が待ってた
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る