歌詞 十七歳の地図 尾崎 豊

作詞
尾崎 豊
作曲
尾崎 豊
十七のしゃがれたブルースを聞きながら 夢見がちな俺はセンチなため息をついている たいしていい事あるわけじゃないだろう 一時の笑顔を疲れも知らず探し回っている バカ騒ぎしてる街角の俺達の かたくなな心と黒い瞳には寂しい影が 喧嘩にナンパ 愚痴でもこぼせば皆同じさ うずうずした気持ちで踊り続け汗まみれになれ くわえ煙草のSeventeen's map 街角では少女が自分を売りながら あぶく銭のために何でもやってるけど 夢を失い 愛をもて遊ぶ あの子忘れちまった 心をいつでも輝かしていなくちゃならないってことを 少しずつ色んな意味が解りかけてるけど 決して授業で教わったことなんかじゃない 口うるさい大人達のルーズな生活に縛られても 素敵な夢を忘れやしないよ 人並みの中をかきわけ壁づたいに歩けば すみからすみはいつくばり強く生きなきゃと思うんだ ちっぽけな俺の心に空っ風が吹いてくる 歩道橋の上 振り返り 焼けつくような夕陽が 今 心の地図の上で起こる全ての出来事を照らすよ Seventeen's map 電車の中 押し合う人の背中にいくつものドラマを感じて 親の背中にひたむきさを感じて このごろふと涙こぼした 半分大人のSeventeen's map 何のために生きてるのか解らなくなるよ 手をさしのべて おまえを求めないさ この街 どんな生き方になるにしても 自分を捨てやしないよ 人並みの中をかきわけ壁づたいに歩けば しがらみのこの街だから強く生きなきゃと思うんだ ちっぽけな俺の心に空っ風が吹いてくる 歩道橋の上 振り返り 焼けつくような夕陽が 今 心の地図の上で起こる全ての出来事を照らすよ Seventeen's map
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る