歌詞 アナザーサイド 己龍

作詞
酒井参輝
作曲
酒井参輝
秋の朱い空に白く光る星を見つめ 僕の声に無理な笑みを作る君に気がついてた… アイツに別れを告げてから一年余りが過ぎて 僕を受け入れてくれた日もそんな顔をしてた… 何時までも…思い出に縋って 何時までも…僕を本当に見ようとはしてくれないんだね… そうやって現実に目を伏せて生きていく事が 何処までも…僕の心を傷付けているか解っているのかな… ねぇ…僕を見てよ… 僕の想いが千切れてく…君との愛を誓い 「ゆびきり」をした小指までも… たった三センチだったけどソレが君と… 嗚呼…僕を繋ぐ唯一の距離だったのに… 僕の想いが千切れてく…君との愛を誓い 「ゆびきり」をした小指までも… 千切れた愛を戻したくて 小指から「運命の赤い糸」を紡ぎ出してた… 「痛み」か「悲しみ」か「朱い夕日の眩しさ」か… 僕の全てが涙で滲んで何も見えないよ…
アナザーサイド の人気パート
歌ってみた 弾いてみた