歌詞 日曜日 レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
時は瞬きの後に 水を出た後に流れ出す プールの匂いを残して日曜日の街は冴え渡る ジリと焦げ付くアスファルト サンダルが溶けてしまうよ 追い越してゆく乗用車 排気ガスに蜃気楼 汗ばんだTシャツ拭いながら空眺めれば 白い入道雲が今年も変わらぬ夏の色 こんな日は何も考えず感じるままが全てなのさ 窮屈な日々息詰まった心に青空を満たして 魔法は瞬きの後に水を出た後に利いてくる 風がヒュルリと吹き抜け 土曜までのこと忘れる アイスでも食べてみようか 急がなきゃ溶けてしまうよ 日影で眠るネコのように気のみ気のまま帰り道 ペタリ サンダルの音 鼻歌合わせて歩きましょう 近道もいいけど遠回りするのも楽しそうだ こんな日は何も考えず 感じるままが全てなのさ 窮屈な日々息詰まった心に青空を満たして 幾つ年を重ねてみても自分以外にはなれやしない 誰もが一度は子供だった あの日のことを思い出した
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る