歌詞 屡流 己龍

作詞
酒井参輝
作曲
酒井参輝
始まりに気付かぬまま それは終わりの瞬間 欲が抑を覚えず 真っ逆様に昇る 愛を語る飯事に組んず解れつの淫靡が愁いに変わる 流れ流れるこの命闇の向こうから響き渡る 怒声と罵声に阻まれ光を見る目も持たない 愛も無いのに何故作った…何故受け入れた…? 弄ばれたのはお前ではなく僕でしょう…? 終わりは終わりを知らず 僕を悪戯に生かす 迷いと言う真綿が僕を悪戯に逝かす 愛を騙る飯事に何よりも最初に嘘を教えられた 寂しい寂しいと嘆いても苦しい苦しいと叫んでも 怒声と罵声に阻まれお前は聞く耳も持たない 僕は如何して此処にいる…? その答えは在る筈も無いのに「涙」と言う嘘を吐く 流れ流れるこの命闇の向こうから響き渡る 怒声と罵声に阻まれ光を見る目も持たない 愛も無いのに何故作った…何故受け入れた…? 弄ばれたのはお前ではなく僕でしょう…?
屡流 の人気パート
歌ってみた 弾いてみた