歌詞 サンシャイン スピッツ

作詞
草野正宗
作曲
草野正宗
困らせたのは君のこと なぜかまぶしく思えてさ すりガラスの窓をあけた時に よみがえる埃の粒たちを 動かずに見ていたい サンシャイン 白い道はどこまでも続くよ サンシャイン 寒い都会に降りても 変わらず夏の花のままでいて こげた臭いに包まれた 大きなバスで君は行く 許された季節が終わる前に 散らばる思い出を はじめから残らず組み立てたい サンシャイン 白い道はどこまでも続くよ サンシャイン めぐる風によろけても 変わらず夏の花のままでいて すりガラスの窓をあけた時に よみがえる埃の粒たちを 動かずに見ていたい サンシャイン 白い道はどこまでも続くよ サンシャイン 寒い都会に降りても 変わらず夏の花のままでいて サンシャイン・・・
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る