歌詞 暗夜の心中立て 椎名林檎

作詞
椎名林檎
作曲
椎名林檎
好きと云はれりや誰にでも からだをひらくをんなだと 世間(ひと)がわちきを嘲笑(わら)ふのを 知らぬわけではありんせん だけどこの命 一思ひに投げ出した相手は唯(たった)一人だけ 噫こんな奥底を突き止めて置きながら 知らぬ存ぜぬぢや余り然(そ)で無いわいな 月に叢雲(むらくも)花に風酔わせておくんなんし 惚れて候 好いたお人にや何処までも 莫迦(ばか)になる様なをんなだと 世間がわちきを嘲笑へども 自棄(やけ)や勢(はず)みぢやありんせん だからこの心 破いて千切れる迄(まで)抱いてよ 唯(たった)一度だけ 噫こんな痛みなんぞ 明日の望みなんぞ 見えぬ 聞こえぬ 本当も嘘も無いわいな 指切拳万 針千本 呑ませておくんなんし 暗(く)れて候 無無(なけな)しの命の証を点(とぼ)しておくんなんし 判るざんせう
暗夜の心中立て の人気パート
歌ってみた 弾いてみた