歌詞 巡恋歌'92 長渕 剛

作詞
長渕 剛
作曲
長渕 剛
好きです 好きです 心から愛していますよと 甘い言葉の裏には 一人暮らしの寂しさがあった 寂しさゆえに愛が芽ばえ お互いを知って愛が終わる 別れは涙で飾るもの 笑えばなおさらみじめになるでしょう こんなに好きにさせといて 「勝手に好きになった」はないでしょう さかうらみするわけじゃないけど 本当にあなたはひどい人だわ だから私の恋はいつも 巡り巡ってふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸にはささらない タバコを吸うなとか 酒を飲むなとか 私の勝手じゃないの 好きでもないくせに好きな 振りをするのはよして欲しいわ くやしいけれどほれたのは どうやら私の方だったみたい 「別れの舞台はどこで?」などと おどけて見せるのもこれで最後ね さよなら さよなら 心かよわぬ 恋などさようなら こらえきれない涙よ 出来る事なら笑いとなれ だから私の恋はいつも 巡り巡ってふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸にはささらない だから私の恋はいつも 巡り巡ってふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸にはささらない
長渕 剛
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る