歌詞 境界の彼方 茅原実里

作詞
畑亜貴
作曲
菊田大介(Elements Garden)
孤独が頬を濡らす 濡らすけど 夜明けの気配が静かに満ちて 私を空へ招くよ 希望が彼方で待ってる そうだよ行くよ 迷いながらも君を探す旅 すれ違う意識 手が触れたよね 捕まえるよ しっかり 求め合う心 それは夢の証 互いを受けとめる度に惹かれてく 悲しい日々はもういらない 互いを受けとめて 生きる喜びに きっときっと ふたり 目覚めるよ 生まれた愛は 優しい羽の音 傷付けたくない でも離さない 捕まえてよ 何度も 巡り合う定め 夢で時を渡れ 痛みに引き裂かれ 胸は君を呼ぶ 虚ろな日々はもういらない 痛みに引き裂かれ 生きる喜びを きっときっと ふたり確かめる 孤独が頬を濡らす 濡らすけど 夜明けの気配が静かに満ちて 私を空へ招くよ 希望が 彼方で 待ってる 待ってるはずさ 互いを受けとめる度に惹かれてく 悲しい日々はもういらない 互いを受けとめて 生きる喜びに きっときっと 熱く 痛みに引き裂かれ 胸は君を呼ぶ 虚ろな日々はもういらない 痛みに引き裂かれ 生きる喜びを きっときっと熱く きっときっとふたり手にいれる 孤独が流れ出す頬へと 迷いながらも君を見つけたよ…
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る