歌詞 CLONE ストレイテナー

作詞
ホリエアツシ
作曲
ホリエアツシ
古 い映画の名も知らない役者の 飾らない演技に何故か引き込まれる 「最後に笑ったのはいつだろう」って笑ってた こうして喋ってるのは僕だけだ いつだって 耳を澄ます君は 清んだ黒い眼で何を見ているの あの日君の涙のわけを知ったとしても 傷つけ合っていたよ CLONE CLONE CLONE 僕の知らない君がいる過去に怯えても 無意味だってわかったよ CLONE CLONE CLONE 世界を変える力は僕にはないけれど 世界を見捨てる勇も僕にはない 反時計回りに描いた円の中にいた 小さな飛行機を飲みんだ太陽に 目を細める君は かざした白い手で何をつかんだの あの日君の涙のわけを知ったとしても 傷つけ合っていたよ CLONE CLONE CLONE 僕の知らない君がいる未来に怯えても 無意味だってわかったよ CLONE CLONE CLONE 冷えた空気を震わせる 繰り返す言葉がすべてを繋ぐ あの日君の涙のわけを知ったとしても 傷つけ合っていたよ CLONE CLONE CLONE 僕の知らない君がいる過去に怯えても 無意味だってわかったよ CLONE CLONE CLONE あの日死んだ身体を あの日生まれた心を 命を懸けて守ろう CLONE CLONE CLONE CLONE
ストレイテナー
歌ってみた 弾いてみた