歌詞 ガラスの十代 光GENJI

作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
言わないで言わないでさよならは間違いだよ 何も解からない同志こんな日もあるよ なにげなく傷ついてさりげなくやさし過ぎて そんな痛み覚える季節じゃないか 戸惑う気持ちで 行ったり来たりさ光りと影を こわれそうなものばかり 集めてしまうよ 輝きは飾りじゃないガラスの十代 泣かないで泣かないで僕だって強かないよ 迷い子にならぬように見つめているから つまずきはいつだって僕達の仕事だから 落とした涙の色忘れないで 切ない恋だね つま先程だよ何処へ行っても ぎこちない恋でもいい 真実の愛なら 心には嘘はないよ失くさない君を ずっと強く離さずに もっと側においで もっと側においで 吐息がAh風を生むまで こわれそうなものばかり 集めてしまうよ 輝きは飾りじゃないガラスの十代 こわれそうなものばかり 集めてしまうよ 輝きは飾りじゃないガラスの十代
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る