歌詞 月のしずく (RUI) 柴咲コウ

作詞
Satomi
作曲
松本良喜
言(こと)ノ葉(は)は 月のしずくの恋文(しらべ) 哀しみは泡沫(うたかた)の夢幻 匂艶(にじいろ)は愛をささやく吐息 戦災う声は蝉時雨の風 時間の果てで冷めゆく愛の温度(ぬくもり) 過ぎし儚き想い出を照らしてゆく 「逢いたい・・・」と思う気持ちは そっと今、願いになる 哀しみを月のしずくが今日もまた濡らしてゆく 下弦の月が浮かぶ 鏡のような水面(みなも) 世に咲き誇った万葉の花は移りにけりな 哀しみで人の心を 染めゆく 「恋しい・・・」と詠む言(こと)ノ葉(は)は そっと今、天(あま)つ彼方 哀しみを月のしずくが今日もまた濡らしてゆく 「逢いたい・・・」と思う気持ちは そっと今、願いになる 哀しみを月のしずくが今日もまた濡らしてゆく 下弦の月が謡(うた)う 永遠に続く愛を・・・
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る