歌詞 夜を駆ける スピッツ

作詞
草野正宗
作曲
草野正宗
研がない強がり嘘で塗りかためた部屋 抜け出して見上げた夜空 よじれた金網をいつものように飛び越えて 硬い舗道を駆けていく 似てない僕らは細い糸で繋がっている よくある赤いやつじゃなく 落ち合った場所は大きな木も騒めきやんで 二人の呼吸の音だけが浸みていく 君と遊ぶ誰もいない市街地 目と目が合うたび笑う 夜を駆けていく 今は撃たないで 遠くの灯りの方へ駆けていく 壁の落書き いつしか止まった時計が 永遠の自由を与える 転がった背中 冷たいコンクリートの感じ 甘くて苦いベロの先 もう一度 でたらめに描いたバラ色の想像図 西に稲妻光る 夜を駆けていく 今は撃たないで 滅びの定め破って駆けていく 君と遊ぶ誰もいない市街地 目と目が合うたび笑う 夜を駆けていく 今は撃たないで 遠くの灯りの方へ駆けていく
歌ってみた 弾いてみた