歌詞 夜は仄か Eve

作詞
Eve
作曲
Eve
今日も生きてしまったな これで何年 息を吐くように吐いた嘘は何千 這い蹲って けんもほろろになって 目が回るわ そのかかとすり潰した靴でどこ行くの 蔑んだその目を閉まっておくれよ 紫煙を燻らせる染みついた部屋で一人 仄日は切なくあなたに寄り添い 今すぐに言いたい 痛い 浮ついた花心 哀 会いたい言葉が 焼き増しした記憶を辿り 寂しい星を待って 愛されたいを知ってしまった少年 夜空を見上げたなら 今踊って さよならを謳って 希うまで 誰にも言えない秘密があって 笑顔の裏には影があって 知らない自分を知って欲しいんじゃなくて そうじゃなくて あの時ドキドキする胸の高鳴りは 凍てつく心を溶かしてしまえたら この手をすり抜ける 陽だまりの中で独り 仄日は切なくあなたに寄り添い 真っすぐに誓い 痛い 浮ついた水心 愛 咲いた花びら 散りゆく最期までを僕に 寂しい星を待って 愛されたいを知ってしまった少年 夜空を見上げたなら 今踊って さよならを謳って 希うまで 寂しい星を待って 愛されたいよ少年 夜は仄かになって 寂しい星を待って 愛されたいを知ってしまった少年 夜空を見上げたなら 今踊って さよならを謳って 希うまで 今日も生きてしまったな これで何年 ただなんだか気分はいいみたいだ
夜は仄か の人気パート
歌ってみた 弾いてみた