歌詞 Re 小田和正

作詞
小田和正
作曲
小田和正
君がくれたあの短いメールが ぼくを元気づけた いつもと同じ ありふれた文字が たゞそこに並んでいるだけなのに 風に春を見つけたように 突然ぼくのこころをつかまえた まるで君の声が聞こえたみたいで この胸はいっぱいになって その時 ぼくにはそんなささいなことが ほんとうの幸せに思えたんだ ぼくのことを知ってる人は この地球の上にどれくらいいるんだろう ぼくの言葉が誰れかのことを 少しでも幸せにするんだろうか 並木が音をたてて揺れた 迷いはずっと続いていくんだろう きっとまたぼくは つまらない出来事に 流されてゆくんだろう でも 生きてゆくことは 思っていたよりも ずっとステキなことかも知れない 春はそこまで 君の好きなこの街にも いま 春はそこまで また いま南から 春の風が吹いた 誰れも気づかないような ほんの小さなことで この胸はいっぱいになって その時ぼくには そんなささいなことが ほんとうの幸せに思えたんだ 街はかがやき始めた 季節が動いてる 明日は何が待ってるんだろう 生きてゆくことは 思っていたよりも ずっとステキなことかも知れない 春はそこまで
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る