歌詞 スミレスマイル 内田 彩

作詞
只野菜摘
作曲
持田裕輔
胸に灯された、その笑顔 暗闇のなかでさえも道を照らす アイシテル ずっと続けてくと決めたんだ きみとの約束にキスを離れていても ほのかな微笑み 遠くを見る瞳 スミレ色 浮かべている時は 湖の小舟のように想い出を揺らしながら進む いつまでも香りが残る いろんな笑顔があるということ 教えてくれた きみを忘れない 一緒にいる 同じ夢の隣に いとしさや誓いや勇気 いろんな涙もあるということ 頷くだけでこぼれちゃいそうだよ 抱きしめながら SMILEで歩いて行こう 記憶はちょっとだけ敏感でいつでも巻き戻しできる心の旅を 私も出会った誰かの湖にスマイルを映してゆけるなら 風が吹き散り乱れても消えることない強さでいたい 優しくてせつなく深いいろんな笑顔があるということ 知るたびにまた泣いてしまうんだろう 一緒にいる同じ夢の隣に 言葉より多くつたわるいろんな涙もあるということ 空むかないとこぼれちゃいそうだよ 抱きしめながら SMILEで歩いて行こう SUMILE SMILE スミレスマイル わたしの瞳を染める SUMILE SMILE スミレスマイル その頬を静かに染めている ハートにしみこむ涙が紫のあざを残してる 表情は嘘をつけないよ きれいに笑わなくてもいい 笑顔をつくって、ごまかすなんてできないね きっと いつまでも香りが残る いろんな笑顔があるということ 教えてくれた きみを忘れない 一緒にいる 同じ夢の隣に 言葉より多くつたわる いろんな涙もあるということ 空むかないと こぼれちゃいそうだよ 抱きしめながら SMILEで歩いて行こう 歩いて行こう
内田 彩
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る