歌詞 やっぱり雨は降るんだね ツユ

作詞
ぷす
作曲
ぷす
平行線から遠のいて ほら天気予報も当たんなくて こんなぐずった空に舞って 僕の声ばっか恥ずかしいね 放課のチャイムが鳴ったって 君の横顔で聴こえなくて もう 優等生には出来ない事なんだ 声に出すのは簡単で でも伝えるのは難しくて 本当だって分かんないの? そりゃ天気予報も当たんないね 身長だって覚えないし 下の名前では呼んでくれないんだ そんな恋は雲のようで 広がって またくっついたりもして そっと差し出してくれた 君の変なセンス全開の傘の中も悪くは無いなって もう思う事さえ出来なくなったって だれのせいよ だけど やっぱり雨は降るんだね とっくに打たれ慣れたって 強がりさえ届かないんだって 分かってるんだよ そんなの全部 今すぐ流れてしまうように 祈るだけ やっぱり雨は降るんだね そうだ 君の声なんて掻き消して このままずぶ濡れ お日様が愛おしくて またね またねって笑うように しゃがみ込んでしまった 今日の天気は晴れだって? 疑って待って傘を持った トートバッグ リュックサック ほら荷物がもう煩わしいね 結局ずっと変わらないなら 頭がいっぱいなんて馬鹿みたいじゃん そんな恋は空のようで 澄み切って 虹は架からなくて そっと差し出してくれた 君の熱心で真剣な所が刻まれた消しゴム握って もうときめく事 出来なくなったって だれのせいよ だけど やっぱり雨は降るんだね とっくに分かり切ってんだ悔しいけど 認めたくないって 決まってるんだよ こんなの全部 今すぐ溺れてしまえばいい 思うだけ やっぱり雨は降るんだね ずっと君の笑った顔だった あの紫陽花とずぶ濡れ 夜空が奪い去って 嫌だ 嫌だって止まるように 憂えてしまった だけど やっぱり雨は降るんだね とうに枯れてしまったってまだ梅雨だよ 後から想ったって 君は遠くに だけど やっぱり雨は降るんだね とっくに打たれ慣れたって 強がりさえ届かないんだって 分かってるんだよ そんなの全部 今すぐ 流れてしまうように祈るだけ やっぱり雨は降るんだね そうだ 君の声なんて掻き消して このままずぶ濡れ お日様が愛おしくて またね またねって笑うように 溢れ出してしまったんだ さよならだ またね またねって笑えたんだ
やっぱり雨は降るんだね の人気パート
歌ってみた 弾いてみた