歌詞 風をあつめて はっぴいえんど

作詞
松本隆
作曲
細野春臣
街のはずれの 背のびした路地を 散歩してたら 汚点だらけの 霰ごしに 起きぬけの路面電車が 海を渡るのが見えたんです それでぼくも 風をあつめて 風をあつめて 風をあつめて 蒼空を翔けたいんです 蒼空を とても素敵な昧爽どきを 通り抜けてたら がらんとした防波堤ごしに 緋色の帆をかかげたとしが 緋泊しているのが見えたんです それでぼくも 風をあつめて 風をあつめて 風をあつめて 蒼空を翔けたいんです 蒼空を 人気のない朝の珈琲屋で 暇をつぶしてたら ひび割れたガラスごしに 摩天楼の布擦れが 歩道をひたすのを見たんです それでぼくも 風をあつめて 風をあつめて 風をあつめて 蒼空を翔けたいんです 蒼空を
歌ってみた 弾いてみた