歌詞 マイアミ午前5時 松田聖子

作詞
松本隆
作曲
来生たかお
海辺の三叉路横切って タクシーだけ待ってたの あなたは通りの向う側 霧が低く流れてる 靴の底には砂がつまって 痛いから 逆さに振れば二人だけの夏が こぼれるわ マイアミの午前5時 ブルー・グレイの海の 煙るような夜明けを あなたも忘れないで 水色の午前5時 車の来ない道の 白いセンター・ライン 駆けよってサヨナラと キスしてね はじめて出逢った瞬間に 傷つく日を予感した あなたの腕の缶のビールを いたずらに ひと口飲んで遠い船の灯り 数えたわ マイアミの午前5時 街に帰る私を やさしく引き止めたら 鞄を投げ出すのに 水色の午前5時 生きる世界が違う そう短くつぶやく 横顔の冷たさが 憎らしい マイアミの午前5時 ブルー・グレイの海の 煙るような夜明けを あなたも忘れないで 水色の午前5時 車の来ない道の 白いセンター・ライン 駆けよってサヨナラと キスしてね
マイアミ午前5時 の人気パート
歌ってみた 弾いてみた