歌詞 1985年 Factory Street 夏 福山雅治

作詞
福山雅治
作曲
福山雅治
海岸沿いの長いストレート 渇いたノイズが似合ってた おまえを乗せて 走るバイク 退屈な街 降り切るために 焼きつく太陽 風を焦がした おまえのすべて欲しかった センターラインに 燃える陽炎 終わらないキスをした 誰よりも 激しい恋をしていた そうさ 誰よりも激しく 駆け抜けた夏さ 工場跡の錆びついたフェンス ふたり 秘密の約束交わした 白いTシャツ ふたつの影 今夜 街を出よう 誰よりも 激しい恋をしていた そうさ 何ひとつ迷わず 駆け抜けた夏さ 朝が来るまでずっと 待ち続けてた おまえを ・・・ 帰らない 1985 心を突き刺した 明日など見えない 恋をしていた そうさ 何ひとつ迷わず 駆け抜けた きっと 誰よりも激しい恋をしていた そうさ 誰よりも激しく 駆け抜けた夏さ 熱い夏に ・・・
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る