歌詞 昭和 レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
海沿いの道をひた走る 焦る事もなく 急ぐ理由もなく 宛名のない手紙のように 燃えるねずみ花火のように 眩しい日差しが横顔を射し 冷たい風が吹き抜けるだろう 愛された分まで遠くまで行こうと決めて飛び出した旅 沖の船はいつ頃戻るだろう 待ちわびる影がガラス越しに映る 夢のため 食うため 生きるため 愛する人の傍にいるため 眩しい西日が傾いてきて切ない想いが胸を占める 愛された分まで強くなれ 言い聞かせながら旅は続く 潮風 遠く運べと落葉を拾いそこへ投げた 海の地平線 月が照らし 人の温もりが恋しくなる 寂しさの分優しくもなれ 一人の脆ささえ受け止めて 果てしなく続く 夜の中も街灯の明かり数えて進め 愛された分まで遠くまで その意味を探し飛び出した旅
歌ってみた 弾いてみた
もっと見る